20代男性が転職すると失敗しやすい?

私自身、新卒で就職した会社を数ヶ月で辞めて転職をした経験があります。新卒で就職した会社を辞めるとなると転職活動に響きそうですが給与は上がり働き方に関しても満足しています。

転職で失敗する人と成功する人とでは何が違うのでしょうか。

高校卒業から会社に勤め働き出す人、大学を卒業し新卒として会社に就職し働き出す人。社会人になるタイミングは人それぞれですが20代の時に転職すると失敗しやすいのか?

よく世の中では「入社してから3年は同じ会社に勤め続けるべき」と言われています。たしかにあまりにも短い期間しか働かずに転職をすると面接官に継続できなさそうなど良い印象は与えられないでしょう。

ただ、近年は20代に対する需要は非常に高くなってきており、入社3年未満の人は第二新卒として未経験者の採用が盛んになってきています。

また、20代後半になると未経験者採用はもちろんのこと、キャリア採用も行われており昔よりも転職しやすくなっています。

しかし、20代で転職をして失敗してしまう人が数多くいるのも事実なのです。

20代で転職して失敗してしまうパターン

30代、40代になると転職するとなると妥協しなくてはいけないことが沢山あります。妥協しなければいけないことも20代では妥協せず実現する可能性が高いのですが、失敗してしまう人が多い。

20代の時に転職をし失敗してしまうパターンがあります。

業務内容、会社とのミスマッチ

20代の人が転職をして失敗してしまう例として多いのがこのパターンです。

「求人を見て想像した業務内容」、「先輩従業員に話を聞いて想像した業務内容」など自分が入社前に想像していた仕事内容、社風、職場の雰囲気などに対するミスマッチ。

給与、労働時間などのミスマッチ。

今の会社を辞めて転職したのにも関わらず思っていた会社とは違うという理由でまた転職してしまう人がいます。

ブラック企業に転職

転職先がブラック企業だったというのはよくある話です。

毎日遅くまでのサービス残業、達成不可能なノルマ、理不尽な命令、パワハラなど。このような会社に転職してしまうと転職は失敗だったと思うのでしょう。

ブラック企業をやっとやめれたのに、ブラック企業に転職してしまったパターンやホワイト企業に勤めていたのにブラック企業に転職してしまうパターンがあります。

なぜ、20代で転職して失敗してしまうのでしょうか?

情報収集不足

想像していた業務内容と違った、ブラック企業に転職してしまった、働き方が自分が思っていたのと違ったなどの失敗の原因はほとんどが情報収集不足によるものです。

転職する際は自己分析をしっかりと行うことが大切になってきます。

自分が求めている会社、仕事など自分の希望をしっかり洗い出すことで転職する際に変な理想を捨てることができ事実、現実を見ながら転職活動を行うことができます。

視野が狭くなり過ぎている

今の会社で嫌と感じている箇所に着目して転職活動する方が多くいます。そこだけに目がいってしまいがちなので、いざ転職した後に着目していなかったところに対してミスマッチが起こるということがあります。

転職を成功させるために大切なのは一つではありません。業務内容、職場の雰囲気、労働環境、待遇面など様々なことが重なり合い転職は成功します。

退職することが目的になっている

転職は現状の会社よりも良くするために行うものです。

ただ、転職で失敗する人の多くは今の現状からできるだけすぐに抜け脱す事に重きを置きます。できるだけ早く今の会社を退職したいので転職活動もしっかり行わずに行ってしまい結果的に転職先でもすぐに辞めたくなってしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

今の会社をすぐに辞めるのが目的にならないよう気をつける必要があります。

転職を成功させるために

転職を考えた時には、なぜ転職したいと思ったのか?、転職先に求めること、妥協できないことをメモなどに書き上げる事により、自分自身が転職先に求めていることが明確になり、途中でブレることなく転職活動を行うことができるようになります。