【成功事例】20代前半で転職して成功した人はいるの?

今の時代、転職せずに一生同じ会社で働く人は少なくなってきていると思います。少し前までは会社を変えることは「悪いこと」のようなイメージがあったと思いますが、現代では転職をしてキャリアアップをする方が数多くいます。

昔は年功序列の会社が多く、勤続年数が長ければ長いほど給与が高くなることが多かったのですが、最近では能力重視の会社が多くなってきており、長く同じ会社にいれば給与が上がるとは限らなくなってきました。

しかし、成果を上げ会社に貢献しているにも関わらず給与がなかなか上がらない会社も存在しています。給与が上がったとしても数年に少しずつなど不満を持っている方は多いのではないでしょうか。

そのような会社で一生懸命働いて会社に貢献するのは、一生に一度の人生なのに勿体無くないでしょうか?男性であれば人生のほとんどの時間、働くことになるでしょう。現代では女性も働き続ける方も多くいらっしゃいます。

働くとは人生(生活)そのものだと思います。

その人生を選択するのは、あなたです。今の会社で働く方が明るい未来が待っているなら、そのまま頑張って下さい。もし、そうでないのなら転職を考えるのも一つです。

20代前半で転職するとデメリットしかないと思われている方も少なくないと思いますが、私自身、新卒で就職して1年間に2回も転職を行いましたが給与面が約7万円アップしました。

それだけではなく、現在の会社では給与アップの仕方が明確で本当に頑張った分、給与に反映され、「もっと仕事を頑張ろう」と思えるようになりましたし、日々、仕事を何となくこなすのではなく、給与アップを目指し、意識が高い状態で働くことができています。

「今の若い人は辛抱が足りない」とよく言われていますが、辛抱することがいいわけではありません。もちろん辛抱しないといけない時はあります。ですが、あなたは何のために生まれて来て人生を歩んでいるのですか?

私は楽しい人生を歩むために努力しています。その為には転職も一つの手だと思っています。20代は今、この瞬間しかありません。「あの時に戻りたい・・・」と思う瞬間は誰でもあると思いますが、現実的に戻ることは不可能なのです。

30代、40代、50代になった頃に「20代に戻りたい」と思っても、それは遅すぎるのです。決断するのを遅らせれば、遅らせるほど失うものが多く、得られるものも少なくなります。

詳しい求人は下記、転職サポート – LIPEPAに掲載されています。